So-net無料ブログ作成

中川和宏著 「視力再生! アイマスクで目がよくなる!」     「驚異の老眼回復法」 読み比べ [視力回復グッズ・本]

スポンサードリンク

 最近、宝島社より「視力再生! アイマスクで目がよくなる!」が発売になったので買ってみました。
 以前、同じ著者である中川和宏先生の「驚異の老眼回復法」も買っていたのでこの2冊を読み比べてみました。

       




以下、読み比べの為
「視力再生! アイマスクで目がよくなる!」「再生」
「驚異の老眼回復法」「驚異」と略します。

サイズ・ページ数
「再生」257×182(B5)   54p
「驚異」190×130(B6変形) 191p

読みやすさ
「再生」☆☆☆☆
サイズも大きく挿絵もカラーで読みやすさ抜群!
「驚異」☆☆
挿絵もモノクロなので、ちょっと単調

内容の濃さ
「再生」☆☆☆
トレーニングの部分を重視していて、老眼などのメカニズムの部分では「驚異」に劣る
「驚異」☆☆☆☆
トレーニングに留まらず老眼・近視・目の病気などの原因やメカニズムの部分が詳しく書かれている

実践しやすさ(継続性)
「再生」☆☆☆☆☆
理論的な説明は少ないが、順を追ってトレーニングが並んでいてわかりやすい。説明の文字サイズは2冊とも同じだが、「再生」は版が大きいのでトレーニングの解説図が大きくカラーで一目瞭然
「驚異」
理論的説明の合間あいまにトレーニングの解説図が点在していて探しにくい。また、解説図もモノクロで小さい。

読者がこの手の本に求めるのは実際に目が良くなるためのメソッド(方法)であって、知っているに越したことはないが、近視や老眼の解説ではないです。

トレーニングの内容はどちらも大体同じですが、「再生」の方はブレインフィットネスの部分が充実していてトレーニング数としては全体で1.3倍くらいのボリュームがあります
かと言って、図が見やすいのでトレーニングに嫌気が差す事はありません。


そして、1番重要な違い
付属のアイマスク
「再生」☆☆☆☆☆
柔軟性のあるプラスチック製でゴム紐も付属しています。そして、顔に当たる部分にウレタンが貼られていて、例えば頭上から照明の光が入って見にくくなることはありません。
また、理想的とされる0.9㎜の穴が開いています。横1列に並んでいるので、5つ穴の製品と違い、誰でも目の幅にピタリと合います。
特筆すべきは日本製の精度で、穴にバリもなく本体も薄いので100均で売っている物のように穴の厚みの部分に照明が反射して見にくいということがありません。
「驚異」
コンセプトとしては「再生」に付属しているものと一緒で形状も同じですが、なにぶんにもこちらは本書に貼りこみの厚紙で、自分で切り抜いて作らなければなりません。
ゴム紐も付属しておらず、何より問題は自分で穴を開けなければならないことです
均一な大きさの穴を開けるのは困難で、針で開ければ裏側に紙のバリが飛び出して、紙の繊維もボサボサ出てきます。そして、そこに光が乱反射します。しかも紙のため、顔に当たる部分のウレタンも無いので、小穴から入る光より周りや乱反射で入る光のほうが多く使い物にならないレベルでした


総評
「再生」☆☆☆☆☆
正に「視力再生!」のトレーニングを効率よく行うという部分に関しては群を抜いていると思います。付属のアイマスクも秀逸!
「驚異」☆☆
視力回復のトレーニングもありますが、どちらかと言うと白内障・緑内障・加齢黄斑変性などの病気系が詳しく解説されていて、そちらをより深く知りたい方向けです。
勿論、こちらも飽きずに実践すれば老眼回復にはなると思います。


筆者の私としては早く老眼を治したいので、「視力再生! アイマスクで目がよくなる!」を付属のアイマスクと共に愛用して行きたいです。

何れまた、実践した結果のレポートなどもお届けします。お楽しみに!



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

   スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。